TOP     OnlineShop     Blog     Facebook     FAQ     Contact





Q:赤ちゃんに使えますか?

Q:石鹸1個で、どのくらい使えますか?

Q:石鹸洗顔の前に、メイク落とし(クレンジング剤)は必要ですか? 

Q:使用期限はどれくらいですか?

Q:良い保管(保存)方法は?

Q:石けんの表面に白い粉状のものが出ていますが大丈夫ですか?

Q:前回購入したときと色が少し違うようですが?

Q:目に入るとしみるのですが大丈夫ですか?

Q:石鹸を作るために水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を使っていますが、石鹸は安全ですか?


  
Q:赤ちゃんに使えますか?
 A:エレナフローラの石鹸は、自然の素材を使用した石鹸ですので、赤ちゃんのお肌にもぜひ使っていただきたいやさしい洗い心地です。

赤ちゃんに使用するものは、できるだけ無香料の石鹸をおすすめ致します。
また、1歳未満のお子さまには、“はちみつ”を配合した石鹸もご使用にならないようにしてください。
無香料の「ククイナッツ&シアバターソープ」は、ベビーソープとしてご出産のお祝いにもご利用いただいております。




Q:石鹸1個で、どのくらい使えますか?
A:ご使用の方法やお使いになる方により石鹸の使用量は異なるため目安としてお読み下さい。

《 お一人でのご使用の場合 》
*朝と夜の洗顔用としてお使いいただく場合は、約1ヶ月~2ヶ月ほどです。
*洗顔とボディケアにもお使いいただく場合は、約1ヶ月~1ヶ月半ほどです。
※シャワーのお湯が掛かる場合や、常に湿度の高い場所に置いておくとグリセリンが水分を引き寄せて、石鹸がやわらかくなってしまいます。
 脱衣所などで乾燥させた状態で、置いていただけると長くお使いいただけます。






Q:石鹸洗顔の前に、メイク落とし(クレンジング剤)は必要ですか?
A:通常のメイクですと、石鹸をよく泡立ててその泡をお肌の上でやさしく転がすようにしながら、皮脂やメイクと馴染ませ、
  ぬるま湯でよく洗い流すことでしっかりと落とすことができます。

ウォータープルーフのマスカラなどをご使用の場合は、専用のリムーバーで落とした後で同様によく泡立てた石鹸で洗い流してください。
(当店の石鹸は、よく泡立てることによって皮膚や毛穴の汚れをしっかり取り除くことができますが、大切な皮脂は取り過ぎないので保湿効果にも優れています。)






Q:使用期限はどれくらいですか?
A:使用期限は、使用するオイルの種類や保管方法にもよりますが、当店の石鹸は真空包装を施し、開封前の状態で製造日から2年以内としております。





Q:良い保管(保存)方法は?

A:当店の石鹸は、保湿の為に良質の植物オイル成分を石鹸の中に少し残してあります。

また、合成保存料を使用しておりませんので、冷暗所で保管し開封後は早目にお使いください。
すぐにご使用にならない場合は、ジッパー付きの保存袋や蓋付き密閉容器に入れて、冷蔵庫で保管していただくのがおすすめです。






Q:石けんの表面に白い粉状のものが出ていますが大丈夫ですか?
A:これはカビではありません。
また、人体にも害のないものですのでご安心ください。
最初にぬるま湯で石鹸を濡らすとすぐに流れてしまいます。

手作り石鹸の作成時に、しばしば空気に触れている面に白い粉のようなものが出ることがあります。
これは炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)というもので、粉石鹸にも含まれているものです。






Q:前回購入したときと色や香りが少し違うようですが?
A:当店の石鹸は原材料に天然成分を使用しておりますので、材料の採取する時期などによっても、微妙に色合いや香りなどが異なります。
ご理解いただけますとありがたいです。






Q:目に入るとしみるのですが大丈夫ですか?
A:石鹸は、弱アルカリ性の洗浄成分で、泡が目に入ってしまうとしみます。
ご使用の際は、目に入らないようにお気をつけください。

万一、目に入ってしまった場合は、大量の水でよく洗い流してください。
※「目に入るとしみるから恐い」という方もいらっしゃいますが、石鹸は水に触れた途端、すぐに界面活性性(洗浄する力)を失い、さっと
  流れてしまう安全な洗浄剤です。


また、痛いと感じるからこそ、すぐに気付いて洗い流せるということも、実はとても安全なのです。






Q:石鹸を作るために水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を使っていますが、石鹸は安全ですか?
A:はい。石鹸は生き物にも地球にも安全な洗浄剤です。
水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)は、石鹸の製造には必要なものです。
水酸化ナトリウムは、一般的に塩を作る方法であるイオン交換膜法で塩から作られているものです。

油脂(酸)と水酸化ナトリウム(アルカリ)を合わせると、鹸化(けんか)という反応を経て脂肪酸塩となり、元の水酸化ナトリウムの性質は無くなって安全な石鹸へ変わります。





TOP     OnlineShop     Blog     Facebook     FAQ     Contact